2013年09月24日

ブログ始めます。

「あらゆる芸術に共通することだと思うが、創造の困難は、みいださないひとには、いつまでも現れはしないのだ。…つまり古典と対決して進む芸術家には、精緻な批評精神が絶対になければならない。…創造とは、…創造魂と批評精神の格闘の結果だ。」(註)


これまでも何度かブログを書いてきましたが、改めて始めてみようと思います。
理由の1つとしては、学術サークルの京都アカデメイアさんの活動に参加することになったから。学術的思考や文章力の鍛錬の場として、このブログを使っていきたいと思います。
もう1つの理由は、自分が音楽について考えていることを発信していきたいと思ったから。今までいろいろな楽曲を作ってきましたが、その背後にある思想的なもの(と言うとやや大げさですが)については、むしろあまり語ってきませんでした。ですが、これからも音楽活動を続けていくにあたって、そして在野ながらも再びアカデミズムの世界に足を踏み入れるにあたって、自分自身の音楽に対する考えを言語化し、整理し、書き残していきたいと思いました。
格好良く言えば、音楽を作ることが「実践」だとすれば、ここに書かれることは「理論」であると言えるでしょうか。

おそらく、まめに更新していくことはできないと思いますが、のんびりお付き合い頂ければ幸いです。


--------------------------------------------------------
註)吉田秀和著『主題と変奏』中央公論新社、1977年、95頁。
posted by 岡本 竜樹 at 23:03| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。